北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

北海道地区牛削蹄競技研修会に参加して

日本装蹄師会会報の「蹄(ひづめ)2011/1」最新号に当社佐藤の記事が記載されました。
次に紹介いたします。


平成22年9月13日、京王プラザホテル札幌において日本装蹄師会と北海道牛削蹄師会との共催として北海道地区牛削蹄競技研修会が開催されました。北海道では、年2回から3回ほど独白の勉強会を行っていますが、広い北海道にもかかわらず遠い所から沢山の会員が集まり熱心に聞いている様子をみると、その熱意に驚かされます。


研修内容は、日本装蹄師会服部調査役が削蹄判断競技大会のマークシートの記入方法や記載のポイント、NOSAI獣医師3名による口蹄疫の現状と対策、最後に曽根さんが削蹄に取り組む姿勢や体験談等を説明しましたが、ここには、特に印象に残った口蹄疫のお話と曽根さんの講演について書きたいと思います。


まず口蹄疫ですが、家のTVではじめて口蹄疫発生のニュースを聞いた時は大変驚きました。私も削蹄師として酪農家の方々と深く関わっていますので、宮崎の牛農家の人たちの災難は、とても他人事に思えませんでした。もし、それが自分達の周りで起こっていたら…、と色々考えると怖くなります。今後、このような事が起きないように、きちんとした消毒や日頃の衛生管理を怠らないように気を付け、自分たちが出来ることをやって行く事が大切だと思いました。


曽根さんのお話を聞いて思ったことは、削蹄が上達するには、まず、「他人の仕事を見る、真似をする、教える」という言葉が印象に残りました。私は道北名寄の菅原道北削蹄所で働いています。平成16年10月からお世話になって6年が経ちました。自分も段々教わる側から教える側になるにつれ、教える難しさを実感しています。先輩方の仕事を見て、真似をして、それで出来たつもりになっていましたが、いざ後輩に仕事を教えようと思ってもなかなかうまく教えられないことがあります。それはつまり、自分だけ解ったつもりでいても、人に解りやすく説明出来なければまだまだ仕事をきちんと理解していないということだと、改めて気づかされました。


今後もこのような研修会には積極的に参加し、色々な方のお話を聞き、勉強し、削蹄の技術向上の為、日々努力して行きたいと思います。

2011-2-18 Category 最新情報

Comments are closed.

2018 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog