北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

熱中症対策に運動と牛乳を!

5月だというのに、まだまだ肌寒く感じる北海道ですが、この夏、冷房に頼らずに熱中症を防ぐには、今の時期から軽い運動をして、その直後に牛乳を飲むことが効果的だという熱中症の予防指針が、医師などで作る学会によっての報告を拝見しました。
この報告は医師、スポーツ分野などの専門家で作る「日本生気象学会」がまとめたもので、夏の暑さにどのように備え、対応すべきかをまとめているものでした。
暑さに備える工夫として、5月、6月から、汗ばむ程度の運動を一日30分行い、その直後に牛乳など糖質とたんぱく質を含む食品を摂取するよう呼びかけています。
それを、週に4日以上、1か月行うと、血液量が増えるために汗をかきやすくなって、暑さに強い体を作ることができるとしています。
「暑さに強い体になれば、エアコンを使うことも少なくなり、暑いということをあまり感じなくなる。涼しい今の時期から、運動と乳製品で暑さに強い体を作ってほしい」と日本生気象学会は話しています。
是非、今から運動と牛乳を!!

photo by sugaWara

2015-5-18 Category コラム, 牛コラム

Comments are closed.

2020 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog