北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

動物たちの角の違い



一年ごとに角が生え替わるシカと違い、ウシとヒツジは生涯伸び続ける角をもっています。
ウシやヒツジのような角を洞角(horn ホーン)といい、シカのような角を枝角(antler アントラー)といいます。

洞角は前頭骨の角突起(骨で出来た芯)と角鞘(ケラチンというタンパク質の鞘)からできています。
ウシ亜科とヤギ亜科の角芯の内部は海綿状です。

ウシの角が前頭骨の側面から生えるのに対して、ヒツジの角は前頭骨の前部上面から生えています。
また、ウシではオスもメスも角はほぼ同じ大きさですが、ヒツジやヤギのメスの角は小さいです。

by SAGA

出典:牛の博物館

写真素材
ウシ: GATAG|フリー画像・写真素材集 1.0 / juanRubiano
ヤギ:黒ヤギ|CONETA.JP

2013-10-17 Category コラム, 牛コラム

Comments are closed.

2020 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog