北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

つめの病気「ヘアリーアタック」とは

牛のつめの病気「蹄病」と一口にいっても様々なものがあります。
なぜ蹄病になるのでしょうか?


・元々野生の牛が牛舎など硬い床や雑菌の多い場所で飼うこと
・本来の牧草飼料から穀類などの配合飼料への変化


今の牛たちの蹄病はこの2点が主な原因だと思われます。
皆さんが思っている以上に足はとてもデリケートになりつつあります。
食べ物が豊になると病気になりやすいのは人間でも同じですね!
牛はそれが足の先、蹄病へと形になって現れてきます。


ここ最近急増しそして比較的新しい蹄病が「ヘアリーアタック」という病気です。
ヘアリーアタックを簡単に説明すると、
PDD(皮膚炎)の原因菌が蹄真皮、蹄骨の侵食(食い荒らす)というものです。


他の病気で爪の真皮(これから爪になろうとする部分)が露出していると、そこから原因菌が侵食してゆきます。


牛は蹄病になったとしても本来備わっている自然治癒力で回復することができます。
それは大昔の自然放牧、そして獣医や削蹄師のいない当時は自然なことでした。


あらためて日々の飼料や環境を見直すことで本来の免疫力が回復し、
牛にも人にもやさしい環境づくりをご提案させて頂いております。


ただ爪を削蹄するのではなく、病気のある爪は適切な処置を施し、
牛への負担を軽減するのもわたくし達のお仕事です!

2010-11-5 Category コラム, 蹄病・消毒

3 Responses to “つめの病気「ヘアリーアタック」とは”

  1. cbp-okazaki

    牛達も人間も治癒力は大事だよね!
    この頃治癒力低下で脳内アタックされてます(泣)美味しい物食べれば・・・よろしく(爆)



  2. sugaWara

    相変わらず面白いね~(笑)



  3. くん

    何度か繰り返し読んで、、、当たり前の事に気づきました。。。牛も私も、同じ哺乳類だぁ~バカな私(+o+)   
    ハイ(^o^)/・・・おいしい物食べたら、私もきっと・・・(笑)



2017 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog