北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

牛の歩き方・足の動き

牛が歩く時、どの足が動くでしょうか。
一見なんとなく足が動いているように思います。
ですが足の動きに法則があります。


正解は「左後→左前→右後→右前」の順に足が動きます。




なぜこの動きをするのでしょうか。
その答えは生物の進化にあります。
図から、前アシは魚の胸ビレ、後ろアシは腹ビレから進化しているのがわかります。




つまり魚の泳ぐときの背骨の動き。
アシの動く順番は、背骨の動きから来ているのです。





by WASHIMI


参考文献:
・競走馬の心技体 「ドクター青木の“競走馬・走りのテクニック”Vol.24」
日本装蹄師会 事務局長 青木修
http://www.equinst.go.jp/JP/arakaruto/keibabook/old/090524gi24.html

・「削蹄理論のウソとホント -バイオメカニックから見た削蹄-」講演資料
日本装蹄師会 事務局長 青木修

2012-5-22 Category コラム, 牛コラム

Comments are closed.

2018 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog