北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

ロシアの乳牛にVRゴーグルで野原を見せたら…


暑い太陽の下、草の葉が輝く野原で育った乳牛は、そうでない乳牛に比べて本当に良質の牛乳を生産するのだろうか。このような仮説を確認するための興味深い実験が、ロシアの農家に導入された。目を引くのは、実際のフィールドで実験したのではなく、仮想現実(VR)機器を「実験ツール」として活用したことだ。27日、CNNなどの主要外信によると、ロシア農食品部は最近、モスクワ郊外の農家で、乳牛に理想的な生活環境が広がるVRゴーグルを着用させる実験が行われたと発表した。このVRゴーグルを着用すれば、乳牛はフェンスで囲まれた狭い農場を抜け出して、広い野原で夏の草原を満喫するような気分を感じることができるという。実験に先立って、獣医とVR関連の専門家が乳牛の頭の形や視力などを考慮して「乳牛バージョン」のVRゴーグルを設計したと、CNNは伝えた。

実験の初期結果は肯定的だ。まだVRゴーグルが牛乳の生産に及ぼす有意義な変化は検出されなかったが、乳牛の不安感が減り、全体的に牛の群れが落ち着いているという結果が現れたからだ。ロシアの農食品部は、VRゴーグルが今後、ミルクの量と質にどのような影響を及ぼすのかについて継続的に研究する計画だと明らかにした。

実験が成功すれば、現実的な理由で多くの乳牛を広い野原に放し飼いできない農家には朗報になるとみられる。ただ、VRゴーグルを外した時に乳牛が感じる精神的衝撃と、ゴーグルの期限付きのバッテリの寿命などがこの実験の課題として残っている。根本的な質問ともいえる「なぜ乳牛を野原に頻繁に放し飼いできないのか」という問題も残ると、CNNは伝えた。

2019年11月29日CNNより引用

2020-5-24 Category コラム, 牛コラム

Comments are closed.

2020 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog