北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

(有)カタヤマ事務所落成式

平成30年11月30日(金)17:00~ (有)カタヤマ事務所落成式が行われました。
参加者は生産者、獣医師、関係企業、削蹄師で約60名参加致しました。
全員が笑顔で盛り上がった祝賀会でした。

その模様をフォトでお伝えいたします。

















by sugawara

2018-12-7 Category コラム | コメントは受け付けていません。

とある獣医師の独り言

当社で月に一度、とある獣医師の独り言を連載させていただいてますが。
とある獣医師さんは只今、業務多忙の為、連載をストップしております。
ですが、来年の一月に再連載できそうですので、今しばらくお待ちください。

byRIMU

2018-11-24 Category コラム | コメントは受け付けていません。

第60回全国牛削蹄競技大会

平成30年11月7日(水)茨城県水戸市鯉淵学園農業栄養専門学校様で
第60回全国牛削蹄競技大会が開催されました。

競技大会の成績は以下のとおりです。

『総合順位』
最優秀賞
頼光 伸孝(広島県装削蹄師会)

優秀賞
新 知幸(北海道牛削蹄師会)

第3位
武藤 稔貴(福島県装削蹄師会)

『 部門賞』
判断競技 優賞
川口 佳介(群馬県牛削蹄師会)

牛削蹄競技 優賞
新 知幸(北海道牛削蹄師会)
頼光 伸孝(広島県装削蹄師会)
同点優勝

フォトでお伝え致します。






















選手はじめ関係者の皆様、大変お疲れ様でした。
by RIMU

2018-11-15 Category コラム, 削蹄師会 | コメントは受け付けていません。

道北田島会&懇親会in江別

平成30年8月11日(土)江別市「えべつ角山パークランド」にて今年も道北田島会を開催させていただきました♪
今年も大パークゴルフ大会を開催しました。
一部ではございますが、ご紹介させていただきます。













会場を移しまして表彰式と懇親会はサッポロビール園で行われました。
今年も、超豪華景品を田島先生より頂きました。






%0

2018-8-31 Category コラム, 当社 | コメントは受け付けていません。

第1回 片山、菅原、武田削蹄所 親睦ソフトボール大会

平成30年8月3日(金)14:00~ 名寄市曙河川敷ソフトボール場にて第1回 片山、菅原、武田削蹄所 親睦ソフトボール大会が開催されました。
一部ではございますが、ご紹介いたします。

★片山チーム★



☆菅原、武田チーム☆






































結果
優勝 片山チーム

MVP賞
片山チーム 上岡選手

準MVP賞
片山チーム 小林選手
菅原、武田チーム 岡田選手

ベストプレー賞
鈴木先生より 鉈、鎌セット
片山チーム 竹内選手

ホームラン賞
鈴木先生より 鎌
片山チーム 小林選手

ゴールデングラブ賞
鈴木先生より 鎌
片山チーム 佐野選手

新人賞
鈴木先生より 鎌
菅原、武田チーム 松原選手

ノーヒット賞
鈴木先生より 鎌
菅原、武田チーム 大山選手

健闘賞
武藤先生より煮卵1年分
菅原、武田チーム 倉口選手

打率賞
久津間先生より直蹄刀
菅原、武田チーム 鈴木選手

打率賞
久津間先生より鉈
片山チーム 佐藤選手

応援頑張ったで賞
留辺蘂 焼肉ぎゅうしゃ様よりお食事券
片山チーム 渡部選手

三振王
留辺蘂 焼肉ぎゅうしゃ様よりお食事券
片山チーム 笠木選手

痛かったで賞
留辺蘂 焼肉ぎゅうしゃ様よりお食事券
菅原、武田チーム 小田桐選手

口ばかりで賞
留辺蘂 焼肉ぎゅうしゃ様よりお食事券
菅原、武田チーム 鈴木選手

片山賞
菅原、武田チーム 倉口選手

菅原賞
片山チーム 吉田選手

武田賞
片山チーム 中原選手

西崎賞
片山チーム 高田選手

皆さん暑い中お疲れさまでした。
最後に、鈴木先生、武藤先生、久津間先生、留辺蘂焼肉ぎゅうしゃ様 多数の景品ありがとうございました。



by Shota

2018-8-14 Category コラム, 当社 | コメントは受け付けていません。

~牛肉食の歴史~


◆牛肉食の歴史◆
牛と人間の関わり合いは、先史時代までさかのぼることが可能です。石器時代の壁画に牛を描いたと思しきものがありますし、また、牛を労働力として活用し、崇拝する文化は、地中海やアラビアなどに色濃く残っています。「幻の大陸」と呼ばれるアトランティスも、牡牛を崇拝する文化を持っていました。アルファベットの「A」の文字は、財産としての牛の角を表した文字であったとも言われています。
ただ、この動物を崇拝するばかりで食べていなかったのかと言えばそんなことはなく、3000年前には既に古代エジプトで牛を食用として扱う文化が始まっていたと言います、当時の壁画に、牛を解体し食べる様子が描かれたものがあります。恐らく、それ以前にも、牛を生け贄として、あるいは珍味のたぐいとして食べる文化が発達していたのではないかと思われます。

◆日本の牛肉食◆
日本でも、2000年前には牛を殺して食べる文化が既に存在していました。当時の日本人は意外に肉に対して旺盛だったようで、貝塚からは牛のほか、イノシシ、ウサギ、鹿、サル、イルカなどの骨が見つかっています。
ものの本によると「日本は仏教国だったので、人々は牛肉を食べることはなかった」と書かれていますが、それは厳密に言えば間違いで、決して表立った形ではありませんが、牛肉食そのものは、仏教伝来後も連綿と続けられていました。
それが転換したのは7世紀に入ってからで、このころから日本は突如「肉抜き」の文化へとシフトするようになります。西暦675年(天武天皇のころ)には初めての肉食禁止令が出ていますし、同じく741年(聖武天皇のころ)には「牛馬を殺した者は杖で百叩きの刑に処す」という命令が発布されています。
こうした命令が出るようになった背景には、仏教が政治権力と結びつくようになったことが関係しているのかも知れませんが、それ以上に、農業が発達し、あえてたんぱく源を肉に頼らなくても済むようになったことの方が大きいのではないかと思います。
ただ、完全に牛肉食を駆逐することはできなかったようで、さまざまな形で肉食そのものは続けられました。安土桃山時代に日本へ来たポルトガルの宣教師ルイス・フロイスも、「僧は表向きは肉など食っていないと言っているが、裏では結構食っているらしい」と書き残しています。

写真素材:パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集
byRIMU

2018-7-6 Category コラム, 牛コラム | Leave a Comment

スタッフ勉強会を開催しました。



今回のスタッフ勉強会では、2級認定牛削蹄師資格取得者を対象に勉強会を行いました。

2018-5-4 Category コラム, 当社 | Leave a Comment

平成30年度 北海道牛削蹄師会 通常総会開催

平成30年度 北海道牛削蹄師会 通常総会開催

平成30年4月25日(水) 札幌のTKPガーデンシティーにて行われました。
総会前の削蹄研修会では、『蹄底潰瘍の原因に追る。蹄骨沈下説は本当か?』と題しまして、
NOSAI道央 留萌統括診療所長 獣医師 石川 高明 様より講演がありました。
総会後には江別市の久津間装蹄所 久津間 義一 氏が平成29年度北海道産業貢献賞(家畜衛生等功労)受賞されましたので祝賀会が行われました。 
フォトで様子をお伝えします。


































by Rimu

2018-4-26 Category コラム, 削蹄師会 | コメントは受け付けていません。

~ヨーグルト学~



ヨーグルトは古くから親しまれてきた乳製品
ヨーグルトは、乳に乳酸菌を加え、発酵させた乳製品です。紀元前数千年、人間が牧畜をはじめた頃から作られています。
原料は、牛乳だけでなく、水牛、山羊、羊など哺乳動物の乳が使われます。牛乳、水牛の乳から作るインドの「ダヒ」、馬の乳から作るモンゴルの「クーミス」など、世界各地で特色のあるヨーグルトが食べられています。

この「ヨーグルト」という言葉は、古代トルコの「乳から作った酸っぱい発酵乳」をさした「ユーグルト」が語源になっています。

日本でヨーグルトは、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」で、種類別「発酵乳」とされていて、成分の規格は、無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)が8.0%以上で、乳酸菌数または酵母数が1000万/ml以上と定められています。

さまざまな特徴をもつ乳酸菌
ヨーグルトを製造する上で、なくてはならない乳酸菌は、糖類を分解して多量の乳酸などを生成する細菌の総称で、1857年にパスツールによって発見されました。
乳酸菌は、広く自然界に存在し、人や動物の消化管にも生息しています。みそ、しょうゆ、漬物、チーズなども乳酸菌の働きを利用して作られています。
ヨーグルトの製造に使われている乳酸菌は、ブルガリア菌、サーモフィルス菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌などです。
乳酸菌の種類ごとにさまざまな特徴をもつため、乳酸菌の組み合わせ方により、製品ごとに風味や味、機能などが変わってきます。

ヨーグルトの乳酸菌による効果
乳酸菌には、いろいろな効果がありますが、代表的なものには、次のようなものがあげられます。
(1)整腸作用…消化管の有害菌を抑え、菌叢(きんそう)を正常にする。腸内腐敗を抑える。消化管の運動 を促進して便通を整える。
(2)消化吸収の促進…牛乳を乳酸発酵することにより消化吸収を促進する。
(3)免疫力を高める…病気に対する抵抗力をつける。
(4)アレルギー症状をやわらげる…花粉症など。

また牛乳を酸性にすることで保存性を高め、風味を高める効果もあります。
乳酸菌は、胃酸や胆汁酸の影響を受けて、腸まで生きて届くことができないものと、生きて腸に届き効果を発揮するものがあります。
しかし死んでしまった菌も、有害物質を吸着して排出させたり、免疫機能を高めてウイルスや病原菌からカラダを守ったり、体内で有効に働きます。

ヨーグルトの栄養価
牛乳は、それ自体栄養価の優れた食品ですが、ヨーグルトは乳酸発酵により、牛乳にはない機能性が加わった食べものに変化しています。
ヨーグルトに含まれるたんぱく質は、乳酸発酵により一部分解されているので消化吸収しやすく、また、乳糖の一部も分解されているため、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人にもおすすめです。
またヨーグルトは、ビタミンCが少なく食物繊維は含まれませんから、フルーツとの組み合わせはおすすめです。味わいの相性も抜群です。
ただし、生のキウイフルーツ、パパイヤ、パイナップルなどには、たんぱく質分解酵素が含まれ、その酵素の働きにより、苦みを感じることがあるので、これらのフルーツと組み合わせる場合は、すぐに食べるようにしましょう。

引用文献:Jミルク
写真素材:かわいいフリー素材集いらすとや

2018-3-14 Category コラム, 牛コラム | Leave a Comment

第30回昭和新山国際雪合戦

平成30年2月24.25日に第30回昭和新山国際雪合戦が壮瞥町昭和新山で開催されました。

当社の松原が所属するチーム「なよろ煮込みジンギスカン隊」が出場しました。

この大会では、カナダ、フィンランド、中国などの国が参加する世界大会です。

ここまでの世界大会に出場するまで地区予選を勝ち上がり出場できる大会なのです。











byTakaaki

2018-3-2 Category コラム, 当社 | Leave a Comment

2019 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog