北北海道を牛柄トラックで駆ける牛削蹄所。菅原道北削蹄所のオフィシャルサイトです。

牛の適温域は?

牛は牛革を身にまとっているので寒さに強い印象です。
では牛の適温域はどのくらいでしょうか?
(下表参照)

意外と繁殖牛は-10℃と強いですが子牛は寒さには弱いですね。
では子牛が寒さに弱い要因は?

・子牛は親牛に比べ皮下脂肪が少ないから、寒さに弱い
・体重が小さい割には体表面積が広いので、体表面からの発熱が多い
・第1胃は発酵槽(第1胃内部の温度は約40℃)とかなり暖かいのですが、子牛の第1胃は発達していないので、体内からの発熱が少なく寒い


といった要因があります。





育成牛の高温は30℃までなので、やはり厚い牛革があると夏バテしてしまうのですね(^^;)

by SAGA

参考資料:鹿児島県、防寒対策の徹底を(特に子牛に)
写真素材:Photo index

2013-12-19 Category コラム, 牛コラム

Comments are closed.

2020 菅原道北削蹄所|北北海道を幅広くエリアカバーする牛削蹄所です . | Blue Weed by Blog Oh! Blog